プロスペクト株式会社 ▼ メニューを表示

Advisory Managementアドバイザリーマネジメント

野球実技指導や講演会を通じた野球へのアプローチ
「NPO法人BBフューチャー」が主催して開催される講演会や野球実技指導の協賛としてサポートを行っております。
講演会等詳細につきましてはBBフューチャーホームページをご覧ください。
アドバイザリースタッフご紹介
「PROSPECT」の趣旨にご賛同を頂いております「アドバイザリースタッフ」の皆様をご紹介します。スポーツの「今」を伝え「未来」を捉えようとする最先端の専門家の方々です。
宇城 憲治心道流心道会師範 UK実践塾代表
宇城 憲治 1949年宮崎県小林市生まれ。1967年宮崎大学入学と同時に空手部に入部。卒業後大阪に転居。沖縄古伝空手・心道会の座波仁吉宗家に身近に接し、それまでの競技空手に疑問を感じ、直接指導を受ける。以来、沖縄空手、座波空手に傾注する。全日本剣道連盟居合道教士七段。心道流空手道教士八段。

1986年:由村電器(株)技術研究所所長
1991年:同常務取締役
1996年:東軽電工(株)代表取締役
1997年:加賀コンポーネント(株)代表取締役
2004年:Ing Association(UK実践塾)代表

現在は、多くの方が知るプロ格闘選手を始め、プロ野球選手、メジャーリーガー、プロサッカー選手、プロゴルファー、プロスキーヤー、ラグビー、アメフト選手、団体等を指導し注目を集めている。

宇城憲治先生の著書

「武道の原点」「武術空手の知と実践」「武術空手への道」「武術空手の極意・型」「頭脳から身体脳へ」「武術を活かす」(合気ニュース社)、「武道の心で日常を生きる」(サンマーク出版)「誰でもたちまち130キロが打てる武術打法」(監修:草思社)「古伝空手の発想」(監修:光文社)

田村 知則視覚情報センター代表 ビジョントレーナー
田村 知則 1947年、岡山県生まれ。1974年よりCLや眼鏡の屈折検査に従事。1980年スポーツ・ビジョンの研究を始め、眼を心や身体と統合して考える「視覚行動システム」を提唱。イチロー選手をはじめとするトップ・アスリート達から、学習や運動が苦手な子供達までのビジョン・トレーナーとして指導に努めている。

現在、スポーツ分野だけではなく、企業の人事管理や能力開発の担当者からも注目を浴びている。IAOスポーツ・ビジョン会員。日本視覚行動学協会代表。

田村知則先生の著書

『眼が人を変える』(草思社)

▲トップへ移動