プロスペクト株式会社 ▼ メニューを表示

ONYONE BaseballGearオンヨネベースボールギア

スポーツウェア専門ブランド ONYONEとプロ野球選手との共同開発。

プロスペクトでは、スポーツウェア専門ブランドONYONEと、第一線で活躍するプロ野球選手(DP Staff)とともに、野球用ギア(ウェア・スポーツアクセサリ)を共同開発し販売しています。

オフィシャルオンラインショップ

「ONYONE Baseball Gear」はプロスペクトが運営するONYONE公式オンラインショップです。
ONYONEオリジナルグッズの限定販売キャンペーンや、選手のサイン入りアイテムのプレゼントなど、メーカー公式だからこそのサービスが目白押し。「ONYONEプロマーキング」もカンタンにご注文いただけます。一定金額以上のお買上げで送料無料、クレジットカードも利用できます。
24時間いつでもご利用いただけるONYONE Baseball Gear オンラインショップをぜひご利用ください。

ONYONE BaseballGear オンラインショップはこちら

ONYONEについて

スポーツウェア専門ブランドONYONEは、スキーウェア・アウトドア・スポーツカジュアル・フィジカルサポートウェアなどの開発・販売を行っているメーカーです。

アウトドアスポーツという気候環境の変化しやすいフィールドで培った技術やノウハウ、またスキーのダウンヒルやサイクルなどスピードスポーツから生まれる発想が製品開発の支えとなっています。

ハードなスポーツの最中でも快適な着心地と耐久性、動きやすさをキープできる高品質なウェアを開発しています。

ONYONE 略歴

1968年7月設立。1989年にSIA、1991年にSSSA、1993年にはSAJのオフィシャル・サプライヤーとなる。1992年に中国上海市に合弁工場を設立。1999年にリヒテンシュタインナショナルチームとライセンス契約を締結。 1996年よりスイスを中心に欧州への販売を開始し、その後カナダへ展開をひろめている。また、アウトドア・スポーツカジュアル・フィジカルサポートウェア分野の拡充をすすめ、2005年よりイタリアBRIKOの日本販売代理店として契約し日本国内での販売を開始。
自転車用ウエアの開発・販売を開始。プロ野球選手との野球用ウエアの共同開発、フランス国立登山スキー学校ENSA着用ウエアに採用されるなどアウトドアの分野への認知度も高まっています。また地域交流として野球大会やサーフイン大会・スキー大会の主催・協力または各種大会への協賛にて協力活動を続けています。

野球業界にない製品を供給する
野球業界にない製品を供給することがONYONEの存在意義であり、チャレンジです。 決して派手さはないかもしれませんが、ユーザーの着用シーンをとことん彫り下げることこそが「勝つために選んだ」製品につながると信じて開発を続けています。
DEVELOPMENT STAFF

ONYONEの野球ギアは、第一線で活躍し続けるプロ野球選手とDevelopment Staff(DP Staff)契約を結び、ご協力のもと開発を行っております。現役選手の厳しいチェックを受けた、スポーツウェア専門ブランドこそのギアをぜひお試しください。

DP Staffご紹介

選手名 球団 番号 契約年
内海 哲也 選手 読売ジャイアンツ 26 平成18年01月
吉見 一起 選手 中日ドラゴンズ 19 平成22年03月
藤浪 晋太郎 選手 阪神タイガース 19 平成27年02月
筒香 嘉智 選手 横浜DeNAベイスターズ 25 平成28年01月
嶋 基宏 選手 東北楽天ゴールデンイーグルス 37 平成28年02月
野村 祐輔 選手 広島東洋カープ 19 平成29年01月
野球ウェアとしての強み

少ない着数で何日も着続けることができ、暑さや寒さに適応する特殊生地、Hygraterのアンダーが人気アイテムです。
「Hygrater(ハイグレーター)」は、標高差や昼夜の気温差、運動を止めた時の汗冷えなど、まさに過酷なアウトドアフィールドに対応するために開発された素材です。「吸放湿効果」により「発熱」と「冷却」を繰り返すことで常に衣服内をDRYに保ちます。しなやかに肌に馴染み、べたつきを抑えた快適な着心地を実現するアンダーです。

また、長時間の運動をサポートし、疲労感を軽減させる「Kinesiocut(キネシオカット)」採用のボンディングアンダーや、高耐水性の素材を使用したグランドコートなど、スポーツウェアに最適化された技術が随所に使用されています。

プロマーキング

プロ選手の首元に刻印されたゴールドのネーム・番号は、「ONYONEプロマーキング」と呼ばれるプリントです。DP Staff契約選手以外にも多くのプロ選手にご愛用いただいています。
プロマーキング対象のアンダーやウェアには、プロ選手と同様の書体でご購入者オリジナルの刻印(ネームや番号)を入れることができます。
多くの野球ファンに愛されるサービスとして定着しています。

▲トップへ移動